薬学生の奨学金事情

薬学生の奨学金事情

奨学金で悩んでいる薬学生は少なくありません。なかには30歳になっても奨学金を支払っている方もいます。薬剤師になるためには当然ながらお金がかかりますし、その金額も公立・私立によって異なります。私立大学の薬学部に6年間通っていた方のなかには、1,000万円以上の奨学金になっている方もいます。

そもそも奨学金には、『給付型』と『貸与型』の2つに分けられます。前者は返済義務のないもので、後者は返済義務があるものです。ほとんどは貸与型であるため、何年もかけて奨学金を返済しなければいけなくなります。さらにそこからも出費(実習代や国家試験予備校代など)がありますから、莫大な金額が発生することになるでしょう。薬剤師に就職しても、莫大な金額の奨学金は支払わなければいけませんし、それによって返済難に陥り、生活が苦しくなるケースは決して少なくありません。

そんな薬学生の奨学金事情ですが、どうすれば少しでも早く完済できるのでしょうか?一番手っ取り早いのは、『奨学金返済をしてくれる』『高年収』『奨学金返済がしやすい会社を選ぶ』などが挙げられます。薬剤師の就職先もさまざまですから、少しでも早い完済を考えるなら、3つのポイントを押さえて就職活動をしたほうが良いでしょう。

もちろん、奨学金返済のシミュレーションをすることも大切です。たとえば、1,000万円の奨学金返済が残っている場合、毎月5,000円の返済で年間60万円返済することができます。そうすると、当然完済までの道のりは長くなります。ざっと計算しても16年はかかります。薬剤師は最短でも24歳で就職しますから、そこから考えると40歳まで奨学金を返済することになってしまいます。その間、結婚や出産があると出費がありますし、その他のお金も必要になるでしょう。となると、1,000万円を返済するのは非常に困難ですから、就職先選びが重要になってくるというわけです。

薬剤師の就職先は、一般的に調剤薬局や病院、ドラッグストアなどが挙げられます。製薬会社などの一般企業も薬剤師が働ける場所です。それぞれ給与は異なりますが、そこでおすすめしたいのが『奨学金返済を支援してくれる就職先を選ぶ』ことです。会社によってどれくらい支援してくれるかは異なりますが、大体300万円〜600万円程度でしょう。また支援してくれるところは、『勤続年数3〜5年程度で返済義務がなくなる』というケースがほとんどです。そうなると、奨学金返済の負担も大きく変わってくるでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.