食品への薬学生の就職

食品への薬学生の就職

薬学生の就職先というと、病院や調剤薬局などを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、実際はさまざまな就職先があり、いろんな活躍の仕方があります。薬学部だから病院や調剤薬局に就職しなければいけないという決まりはありません。実際、薬学生を卒業していながら薬剤師になっていない人もいますから、なかには薬剤師の国家資格を持っていない元薬学生もいるでしょう。

では、そんな薬学生が働ける場所とはどんなところでしょうか。もっとも多いのが、製薬企業や化粧品メーカー、食品などです。食品と薬学生がどう関係しているのか?疑問に思っている方も少なくないと思いますが、たとえばスポーツドリンクやシリアルなどの健康食品は、薬学が必要になります。安全性や有効性を調べるためには、専門の知識を持った方が必要になるため、そういったシーンで薬学生が働くことができるのです。

一見関係なさそうで、食品には薬学が深く関係しています。よく考えてみると、食品は人間が口にするものですから、安全性や有効性を大切にするためには、薬学生のような専門知識や技術を持っている人の存在は欠かせないといえます。近年では、売り上げを伸ばしている健康食品やサプリメントも、薬学生が欠かせません。そう考えると、食品は薬学生の得意分野ということになります。実際、求人サイトを見ても食品メーカーが薬学部出身の方を求めています。薬学生は必ず薬剤師になり、病院や調剤薬局などで働くというイメージも、もう古いのかもしれません。薬剤師以外で活躍したいと考えている方は、ぜひ食品メーカーを視野に入れてみてください。

ちなみに、食品メーカーで働く薬学生の主な仕事内容は、『食物の安全性や成分分析などの研究・調査』『科学的観点からの研究』『品質管理』『企画開発』など。実は、薬剤師でも食品メーカーで活躍している方はいます。食物原料や添加物など、安全性に関する研究や分析には薬剤師という専門知識を持った人材が必要不可欠だからでしょう。薬学部で習ったこと、薬剤師で経験したことをぜひ食品メーカーで活用してみてください。

気になる年収ですが、平均で400万円〜500万円程度。食品メーカーは、薬学生を卒業しているというだけで採用してもらえる場合もありますので、薬剤師の資格を持っていれば資格手当が出るところもあります。決して高年収とはいえませんが、さまざまな経験ができるのでやりがいは感じやすいでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.