薬学生の面接対策

薬学生の面接対策

就職するには面接が大切です。面接をクリアしてようやく入社できますから、しっかり対策して面接に備えましょう。

そもそも、面接の流れは基本的にどこの会社も同じです。そして、聞かれる質問もある程度決まっています。そのため、面接は事前に対策することでクリアできるのでしょう。

まず、必ず聞かれる質問は『自己紹介』『当社を受けた理由』『長所・短所』『周囲からの評価』などです。自己紹介は、面接の定番質問ですから、スラスラ言えたほうが良いでしょう。詰まってしまったからといって不採用になるわけではありませんが、相手に良い印象を与えることは大切です。当社を受けた理由は、分かりやすく丁寧に。さまざまな会社があるなかで、なぜ当社を選んだのか?ということは非常に重要です。ここも事前に考えておくと面接のときもスムーズに答えることができるでしょう。長所は自己分析の結果を伝えますが、会社にとって『こんな人材が欲しい』と思われることが大切です。逆に短所は、言葉の言い方によってはマイナスになってしまうので注意が必要です。たとえば『几帳面な人』は、気難しい人捉えられる場合があります。『柔軟に対応できる』も、言い換えれば大雑把になるかもしれません。そこまで細かく考える人は少ないかもしれませんが、せっかくの長所が短所にならないように、短所は会社のイメージがマイナスになるような言い方は避けるようにしましょう。長所・短所は伝えるのに工夫が必要です。

薬剤師の面接は、病院やドラッグストアなどであれば上記の流れでも問題ないでしょう。しかし企業を受ける場合は『研究内容について』『開発職や学術などについて』なども付け加えると好印象です。

ちなみに、面接でコミュニケーション能力が問われる場合が多々あります。やはり薬剤師は、人と携わることが多い職種だからでしょう。製薬会社など企業になると外国人と接する機会も多いですから、コミュニケーション能力に加え英語のスキルも求められます。キリがないですが、社会でのコミュニケーション能力の場合、『相手への理解力』『相手に分かりやすく簡潔に伝えられる』ということです。何も、いろんな人と仲良く接することができるのがコミュニケーション能力ではありません。ですから、面接官に聞かれたことは簡潔に、そして分かりやすく丁寧に答えることを心がければコミュニケーション能力が高いと判断されるでしょう。

面接の対策をまとめると、『状況』『思考』『行動』『結果』『スキル』『仕事へ活かせるには』。行動と結果はなるべく具体的に、数字やエピソードなどを引き合いに出すと伝わりやすいでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.