公務員採用への薬学生の就職

公務員採用への薬学生の就職

薬学生が目指す道はさまざまです。一般的には国家資格を取得して薬剤師として活躍することですが、必ずしもすべての薬学生が薬剤師として働くわけではありません。実際、求人を見ても製薬企業や化粧品メーカーなど、さまざまな就職先があります。なかには、公務員を目指す薬学生もいるでしょう。

薬学生で公務員になる場合、仕事内容や給与などはどうなのでしょうか。まず、国家公務員では薬系技術職員とも呼ばれており、医薬品や食料品などの安全を守ったり、麻薬取締を行ったり、健康保険に関する部署があったりなど業務内容は広範囲に渡ります。調剤業務に携わる機会がないため、薬剤師らしい仕事とは無縁です。しかし、薬剤師として薬学部の経験を活かしながら活躍したい方には適しています。と、同時に法律や化学の知識などさまざまな専門知識が求められるでしょう。異動が多いのも特徴です。

次に地方公務員では、衛生部局または環境部局などに配属されますが、自治体によって採用枠や配属先が異なります。そのため、地方公務員の薬剤師でも仕事内容は微妙に変わってくるでしょう。ちなみに、地方公務員に採用された場合、配属されやすい部署は『保健所』『環境関連部署』『衛生研究所』などが挙げられます。保健所は、薬事衛生に関する業務・食品衛生に関する業務・環境衛生に関する業務などに分けられ、薬事衛生では麻薬取締も担当することになります。食品衛生では飲食店の立ち入り調査や中毒予防に関する指導、環境衛生では美容院や公衆浴場などでの食中毒予防に関する指導などを行うことになります。薬剤師ならではの調剤業務は一切ありません。許可や監視などが主な業務になるため、薬剤師として働きたい方には不向きでしょう。あくまで公務員として働きたい薬学生向けの職種といえます。

気になる給与ですが、公務員以外の薬剤師と大差はありません。大卒直後の初任給でも20万円前後と言われていますから、公務員だからといって極端に給与が良くなるわけではなさそうです。ただ院卒や前職があると、少し高くなりますから、同じ薬学生でも以前に薬剤師としての経験がある方や、公務員として働いた経験がある方なら良い給与を受け取ることができるでしょう。

薬学生が公務員になるためには、公務員試験に合格する必要があります。薬剤師の国家資格とは異なる難しさで、改めて勉強する必要がありそうです。公務員になるまでの流れは、国家総合職に合格し、人事院面接、官庁訪問となり、そしてようやく採用が決定します。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.