化粧品メーカーへの薬学生の就職

化粧品メーカーへの薬学生の就職

薬学生が就職できる場所はたくさんあります。一般的には病院や調剤薬局、ドラッグストアなどが挙げられますが、化粧品メーカーでも薬学生が活躍できる場所は存在するでしょう。一見すると薬学生とどう関係しているのか分かりにくいですが、近年の美容意識や健康への意識が高まっていることが関係しています。実際、化粧品メーカーの研究や開発の分野では、薬学部出身者が少なくありません。ですから、病院や調剤薬局以外で働きたいという方は、化粧品メーカーも視野に入れると良いでしょう。

まず、化粧品メーカーの仕事内容を知りましょう。化粧品メーカーというと、”女性を美しく見せる”ことに重きを置かれがちですが、先にも述べたように近年の美容意識や健康への意識で、美肌作り・紫外線対策・アンチエイジング効果などを重視した製品開発が進んでいます。そのため薬剤師を必要とする会社が増えてきているのでしょう。化粧品メーカーでの薬剤師は、”化粧品成分の研究””化粧品の企画と開発””化粧品の品質管理”などが主に挙げられます。薬事申請対応なども、薬剤師の立派な仕事のひとつ。最近では、薬剤師がメディカルライターとして働いているケースも少なくありません。営業や広告、マーケティングなど販売に携わっている薬剤師もいるでしょう。こういったことから、化粧品メーカーを希望する薬学生が増えてきているのです。

ただ化粧品メーカーの研究や開発を担当する場合、薬学生としての期間も重要になります。6年制で卒業される方が多いですが、研究・開発の場合は4年制が適しています。もちろん6年制が不利になるというわけではありませんが、研究職は非常に難易度が高い仕事なため、少しでも研究活動に打ち込む時間を増やすために4年制のほうが良いというわけです。それくらい、薬剤師の研究職はハードルが高いということを念頭に置いておきましょう。

薬学生が化粧品メーカーで働くメリットはさまざまです。当然ですが、病院や調剤薬局では得られない経験をすることができるでしょう。多種多様な職種の人と仕事ができるのも、化粧品メーカー勤務の魅力のひとつ。そして、薬事に関する専門知識を持つことができますし、企業従業員であるため手厚い福利厚生も受けることができます。一方で、調剤業務に携わる機会が減ってしまいますので、調剤業務をメインに仕事をしたいという方にはデメリットになるでしょう。外資系メーカーになると、高い英語力も求められます。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.