海外採用への薬学生の就職

海外採用への薬学生の就職

薬学生の就職には『海外採用』というものがあります。近年の医療機関はグローバル化が進んでおり、海外採用を行っている企業がたくさんあります。薬学生で学んだことを仕事で活かしたい、もっとスキルを高めたいという方には海外採用は非常にメリットが高いといえるでしょう。しかし当然ですが、海外採用がある企業は英語力が語学力が重視されます。薬学生のときに英語のスキルも高めておく必要があり、英語力がない人は採用されませんので注意してください。

さて、そんな海外採用の薬学生就職ですが、海外で働く薬剤師のことを『国際薬剤師』といいます。当然ですが、海外にも多くの薬剤師が存在します。たとえばアメリカは健康保険制度が確立されておらず、薬剤師はさまざまな知識が必要になります。それは、病気の予防や改善に一般医薬品が用いられているからです。ドラッグストアでも、薬剤師のアドバイスが重要になるため、日本のドラッグストアで働く薬剤師よりも豊富な知識が求められます。そのため、アメリカではもっとも信頼できる職業として薬剤師が挙げられています。平均年収も高く800万円〜1,200万円程度と、かなりの高年収といえるでしょう。

もちろん日本人が海外で薬剤師として活躍することは十分可能です。そのための国際薬剤師であり海外採用があるわけですから、英語力や語学力さえあれば採用されやすいでしょう。ちなみに、海外で日本人が薬剤師として働く場合、『日系の病院・クリニック』『調剤薬局やドラッグストア』『製薬会社』『化粧品メーカー』などが挙げられます。なかでも日系の病院やクリニックは日本人の薬剤師を多く雇用しており、海外在住の日本人に喜ばれています。調剤薬局やドラッグストアは、日本人が多く住んでいる地域にある店舗が有効です。やはりこういった地域は日本語が話せる薬剤師が重宝されますから、採用率は高くなります。また『国際貢献』や『海外派遣』などの求人もあります。代表的なもので『WHO(世界保健機構)』『PSF(国境なき薬剤師団』などです。

海外採用を行っている企業であれば、念願の海外で薬剤師として働くことも叶えられます。そのためには、何度も述べたように英語力や語学力が重要になります。薬剤師の資格があることは当然ですが、製薬会社や化粧品メーカーの場合、薬学部を卒業しているというだけで採用される場合もあります。英語のスキルは必要不可欠で、コミュニケーションがしっかり取れるくらいのレベルが必要です。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.