化学への薬学生の就職

化学への薬学生の就職

薬学生は、化学メーカーへの就職も可能です。薬学生というと薬剤師の資格を取得して病院や調剤薬局などで働くイメージが強いですが、実際は製薬企業や食品・化粧品メーカーなど、さまざまな分野で活躍することができます。薬学生で卒業していれば、いろんな就職先を見つけることができるというわけです。

そのひとつが化学メーカーですが、化学メーカーはその名のとおり、さまざまな化学製品を作っているメーカーを指します。薬学生はもちろんのこと、薬剤師でも活躍することができるのです。ただ求人を見てみると、薬学生や薬剤師が応募できる化学メーカーは限られています。薬学生の就職先全体を見ても、どうしても病院や調剤薬局などが多いため、選択されにくいことが関係しているのでしょう。要するに需要が低いため、新規労働力を必要としていない企業も少なくありません。

ちなみに、薬学生が薬学部で学ぶことは大きく2種類あります。1つ目は、『薬科学科』で、4年制になります。2つ目は、『薬学科』です。6年制になり、薬学の専門知識と実践的能力を備えた、いわゆる薬剤師を目指す方は6年制が必須になりますから、化学メーカーへ就職したいと考えている方は、薬学領域の幅広い知識を身につけるため、4年制で修了する必要があります。要するに、薬学生ではあるけれど、薬剤師を目指さない方は4年制で修了しても良いというわけです。

では、化学メーカーで求められるスキルはどうでしょうか?『研究・臨床』『コミュニケーション能力』『製造管理・品質管理』『薬事行政・申請』『英語力』などが挙げられます。もちろん、薬剤師の資格もポイントになるでしょう。化学メーカーの場合、病院や調剤薬局のように薬剤師の資格が必須というわけではありませんが、取得していると就職のときにプラスになります。英語力も、外資系メーカーに就職する場合は欠かせないでしょう。

気になる年収ですが、大手メーカーであれば比較的安定しています。勤続年数によって昇給や昇格もありますし、十分満足に働くことができます。また研究職になると、年収はグンとアップします。平均で700万円〜900万円程度であり、能力を買われると1,000万円以上になるケースもありますから、病院や調剤薬局で働くよりもしっかり稼ぐことができるでしょう。薬剤師の資格を持っていれば経験・能力の考慮で年収にプラスされますから、非常にメリットが高いといえます。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.