薬学生就職と英語力

薬学生就職と英語力

薬学部の学生のことを薬学生といい、将来薬剤師になることを目指しています。そして、6年制の薬学過程を卒業修了し、薬剤師としての受験資格を得ることができます。薬剤師は国家資格であるため、当然ですが試験に合格しなければ薬剤師として働くことはできません。

そんな薬学生には、薬剤師としての知識はもちろんのこと、英語力も問われることになります。『薬剤師なのに、なぜ英語力が必要になるの?』と思うかもしれませんが、薬剤師にもいろんな業種があるからです。たとえば医療機関なら英語力は必須です。もともと理系は英語がとても大切と言われていますから、薬剤師なら研究者も医療従事者も英語力は欠かせないといえるでしょう。ただ英語力がないという理由で薬剤師になれない訳ではないので安心してください。それでも英語のスキルがあって損することはありませんから、英語力はないよりあるほうが良いでしょう。

実際に英語力が問われる薬剤師の仕事は何でしょうか?まず、薬学生が薬剤師として就職できる場所は病院やクリニック、調剤薬局やドラッグストアなどが挙げられます。他にも製薬会社など医療機関でも薬剤師の存在は欠かせません。このなかで病院・クリニック・調剤薬局・ドラッグストアはほとんど英語力は問われませんから、英語ができないからといって不採用になるケースはないといっても過言ではないでしょう。しかし製薬会社や医療機関の場合、英語力が問われるケースが少なくありません。英語力の有無によって採用に響く場合もありますので、英語スキルはあったほうが有利になります。前者の場合、薬剤師として評価されるスキルは『実務ができるか』です。ドラッグストアの場合、日用品の販売やレジ業務もありますから、接客業の経験がある方も優先されるでしょう。病院や調剤薬局なら、処方箋医薬品、OTC医薬品などの知識、服薬指導、調剤過誤を防ぐためのリスクマネジメント能力などが問われることになります。

ということで、薬剤師でも製薬会社への就職を考えている方は英語力は必須になるでしょう。近年の製薬会社は特にグローバル化が進んでいますから、英語力の有無だけで採用が決まる場合も少なくありません。なかでも外資系は英語のスキルが必要不可欠です。上司が外国人のケースもあるため、日常会話ができる程度の英語スキルは持っていなければいけないでしょう。

このように、薬学生が薬剤師として就職する場合、就職先によって英語力が問われます。しかし英語力が問われない業種でも英語スキルは高いほうがさまざまな面で役に立つでしょう。

薬学生就職サイトランキング!口コミ1位はこのサイトだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

薬学生の大半が登録する就職サイトランキング・2位以降はコチラ>>



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬学生就職ランキング All Rights Reserved.